生命保険の必要性

最近、若い人でも生命保険を掛けた方がいい、というようなテレビCMを見かけるようになりました。もちろんこういったCMは生命保険会社が打っているものですから、保険会社に取って都合がよい事を言っています。
では、実際問題若い人にとって生命保険は必要なのでしょうか。
これについて考えるためには、そもそも生命保険が誰にとって必要な保険であるのか、ということが重要になってきます。

生命保険というのは、掛ける必要が有る人と無い人がいます。いえ、より正確には「高い生命保険を掛ける」必要が有る人と無い人、といった方が良いでしょう。
この条件については概ね明確です。「自分が亡くなることによって、経済的に困窮してしまう人がいるか否か」ということが判断基準となります。
例えば家計を支えている人が亡くなってしまえば、残された家族が経済的に困窮することになります。あるいは、自分が生活費を出している両親が困ってしまう、というようなことも考えられるでしょう。
こういった事情が有る場合には、年齢に関わらず生命保険が必要ということになります。
逆に、こういった事情がないのであれば、年齢に関わらず高額な生命保険は必要がないということになります。
生命保険を考える場合、重要になるのが「ライフステージ」です。自分のライフステージを考えて、必要となる生命保険がどの程度のものなのかを考える必要があるでしょう。もう1つ「特約」についても当サイトでは考えます。



※推奨リンク
生命保険や家計の見直しについて無料で相談に乗っているサイトです → 家計 見直し